ホーム > 2021/12

「ゆる〜く」スポーツを楽しみませんか 上越で新社会人サークル発足 メンバー募集

2か月前

記事広告

新潟県上越市で、若者の「あったらいいな・やってみたい」を創造する「上越社会人サークル・ロハス」(伊崎博幸代表)は、同市の新道区で社会人スポーツサークルの立ち上げにあたりメンバーを募集している。

新サークルは、市の地域活動支援事業補助金を活用するもので、若者がスポーツやイベントを通じて交流を深め、地域を盛り上げることを目指す。

チラシ

対象は、新道区内(富岡小学校、稲田小学校区内)在住の20〜30代の社会人、専門・大学生で、参加費は無料。他区からも参加できるが、1回ごとに参加費500円が必要となる。

活動は、2022年1月から毎月1回(土曜の夕方)市内の体育館で実施予定。バドミントン、バスケットボール、ソフトバレーボール、フットサルなどを仲間と一緒に「ゆる〜く楽しむ」をテーマに行う。

月1回スポーツを楽しむ「ロハス」サークル
ロハス1

兄弟サークルとして、毎週日曜に活動する「ロハス」サークルや、毎週水曜に活動する金谷区社会人サークル「金谷人(かなやんちゅ)」もあり、それぞれがスポーツを通して交流している。

ロハスでは社会人や学生らが集まって活動している
ロハス2

伊崎代表は「運動不足を解消したい方、楽しく体を動かしたい方、同世代の友達が欲しい方など大歓迎です。上越は社会人サークルが少なく、若者の交流の場が乏しいので、自分たちが楽しめるイベントや企画を創造して地域を盛り上げていけたら」と話している。

詳しくは Instagram で。問い合わせは、ロハス公式LINEの「友達追加」から連絡を。