ホーム > 2016/05

ミニボートの男性2人を巡視艇が救助 強風のなか直江津港沖で釣り

4年前

2016年5月3日午後1時53分、新潟県上越市の直江津港で釣りをしていた男性2人が乗ったミニボートが風に流されて帰れなくなったと、118番通報があった。上越海上保安署の巡視艇なつぎりが出動し、同2時50分に男性2人を救助した。

同署によると、乗っていたのは長野県須坂市の会社員男性(30)と岐阜県中津川市の会社員男性(30)。2人は中学時代の友人で、連休を利用して釣りに来ていたという。同日午前7時、1馬力のエンジンを積んだ全長約3mのミニボートに乗って港内の沖合約1kmの場所で釣りを開始。午後1時頃から風が強くなり、沖防波堤方向に流されて戻れなくなったため、助けを求め通報した。2人は通報から約1時間後、巡視艇に救助された。

当時、同港付近では北西15mの風が吹き、高さ20cmの波が立っていた。ミニボートには徐々に海水が入り込み、2人の救助後に沈没した。

上越市には昨夜から強風注意報が発令されていた。

関連記事

https://www.joetsutj.com/articles/40032585 本格的なレジャーシーズンを前に、上越海上保安署は2016年4月26日、新潟県上越市の直江津港でミニボートからの落水や転覆のデモンストレーションを報道陣や関係機関に公開した。ミニボートや手漕ぎボートの正しい乗船方法、乗船する際の注意事項のほか、万が一落水した場合の対処法などを説明した。…