ホーム > 2018/05

浦川原のヤギ牧場「ファーミーランド」が5月3日に営業開始 えさやりも体験可能

6か月前

新潟県上越市浦川原区岩室の「ふれあい観光牧場ファーミーランド」が2018年5月3日、今季の営業を開始する。牧場内では69頭のヤギが飼育されており、えさをあげたり体をなでたりして触れ合うことができる。10月31日まで。

ファーミーランドでは子ヤギと触れ合える
20180502-DCS_2955

ヤギと直接触れ合える牧場として人気を集めている。今年2、3月には約40頭の子ヤギが誕生。体重15〜20kg前後の子ヤギたちが広場でじゃれ合ったり、えさを食べたりする姿を見学することができる。飼育員によると、ヤギは生後3か月ほどで離乳期を迎え、体が大きくなり始めるため、子ヤギでいる姿を見られるのはゴールデンウィーク頃までだという。

土、日曜と祝日にはえさやり体験を実施しており、ヤギたちの大好物、アイスクリームのコーンを与えることができる。柵の外からコーンを見せると多くのヤギたちが集まってくるため、人気が高い。1回400円で、時間は午前10時〜正午、午後1時〜同3時30分まで。

かわいいヤギを動画でご覧ください(1分40秒)

また、5月3〜6日にはゴールデンウィークの限定企画として、哺乳体験も実施される。食欲旺盛な子ヤギたちに、哺乳瓶でミルクを与えることができる。1回700円で、時間は午前10時〜同10時20分、午後2時30分〜同2時50分まで。

このほか、土、日曜と祝日に営業する「カフェテラス・ファーミー」では、搾りたてのミルクを使った「ヤギさんのアイスクリーム」(350円)などを味わうことができる。

同牧場は昨年1年間、営業を休止していたため、2年ぶりの営業再開となる。飼育員の福田直美さんは「子ヤギが遊んでいる姿を見ることができるのは、今の季節だけ。ぜひご来場ください」と呼び掛けている。

営業時間は午前10時〜午後4時まで。入場無料。木曜休園だが、ゴールデンウィーク中は無休。ホームページ(http://firstfarm.com/)で随時、イベント情報を発信している。

問い合わせは025-599-3835

ファーミーランド