[新型コロナ] 上越市、妙高市で6人感染 春日新田小と高志小が休校

新潟県は2022年1月17日、上越市に住む5人、妙高市に住む1人の計6人が新たに新型コロナウイルスに感染したと発表した。重症、中等症ではない。同日、県内で新たに感染が公表されたのは219人だった。

感染が判明したのは上越市の10歳未満女児、30代の無職女性と公務員男性、40代会社員男性、50代パート従業員女性と妙高市の30代会社員男性。

10歳未満女児は感染経路不明で、50代パート従業員女性は県外移動歴がある。残る4人は感染者の濃厚接触者。

春日新田小と高志小で児童感染

上越市教育委員会は17日、同市立春日新田小学校の10歳未満女児と同市立高志小学校の10歳代男児が感染したと発表した。

いずれも最後に登校したのは13日で、15日に発熱の症状が出た。両校とも臨時休校し、放課後児童クラブも閉鎖する。