ホーム > 2017/10

「角打ち」で名酒を立ち飲み 10月6日と13日に高田でSAKEまつりプレイベント

2週間前

酒屋の一角で立ち飲みする「角打ち」が2017年10月6日(金)と10月13日(金)の両日、新潟県上越市本町3の君の井酒造高田支店で開かれる。高田本町商店街で行われる「越後・謙信SAKEまつり」(10月21、22日)のプレイベントで、県酒造組合高田支部に加盟する15の酒蔵の日本酒をつまみと一緒に味わうことができる。両日とも午後5時〜同9時まで。

プレイベントを前に、君の井酒造高田支店で準備を進める会員
20171004角打ち準備

同支部によると、角打ちとは酒屋の一角で立ち飲みを行うことであり、日本酒の文化として昔から存在しているという。同支部に加盟する若手らで構成される「新星会高田部会」(池田剣一郎部長)が、上越地域の地酒を発信することで清酒の需要を向上させようと企画したもので、昨年に続き2回目。

昨年の「角打ち」の様子
20171004昨年の角打ちの様子2

10月6日には、上越地域の大吟醸や純米吟醸などをメインに販売。10月13日には、普段あまり口にできないような秘蔵の酒などを販売する。

君の井酒造の店内にテーブルが置かれ、乾きものや缶詰などをつまみに、立ったまま日本酒を楽しむ。店内の定員は約20人で、混雑時は順番待ちとなる。

価格は1杯(60ml)で200〜400円。つまみ類も200〜300円で販売する。

池田部長は「多くの方に上越のお酒を味わってもらいたい。蔵元との会話も一緒に楽しんでもらえたら」と話している。

関連記事

https://www.joetsutj.com/articles/14175365 米どころである新潟県上越地方には多くの酒造所があり、品質の高い日本酒を味わえるが、120年以上の歴史をほこるワイナリーや、どぶろく特区全国第1号のどぶろく、地ビールまでそろっている。「酒博士」坂口謹一郎、「日本のワインぶどうの父」川上善兵衛を生むなど、全国でもまれな酒文化を育んでいる。…
「角打ち」の会場となる君の井酒造高田支店