ホーム > 2017/08

北陸地方がやっと梅雨明け 昨年より14日遅く 上越市高田の降水量は平年の1.5倍

5か月前

新潟地方気象台は2017年8月2日、新潟県を含む北陸地方が梅雨明けしたとみられると発表した。平年より9日、昨年より14日遅い。

梅雨明けが観測史上最も遅かったのは1991年の8月14日。8月の梅雨明けは、最近では2013年の8月7日。

気象台によると、北陸地方(新潟県、富山県、石川県、福井県)は、高気圧に覆われておおむね晴れており、向こう1週間も高気圧に覆われて晴れる日が多い見込み。 

梅雨入りした6月21日から8月1日までの梅雨期間降水量(速報値)は上越市高田で448.5mmと平年の298.1mmの1.5倍となった。

なおえつ海水浴場(2017年8月2日午前11時半前)
dsc_101a5

上越市のなおえつ海水浴場は、7月1日の海開き前後から大雨に見舞われ、その後も週末を中心に天候に恵まれなかった。浜茶屋を営む男性(46)は「梅雨の影響で例年よりもお客さんの足が遠退いている。梅雨明けして、これからどんどんお客さんが増えてほしい」と話していた。