ホーム > 2015/01

「ありがとう信越本線記念入場券」1月10日から限定発売 移管区間最後

7年前

JR東日本は2015年1月10日から、北陸新幹線開業(3月14日)に伴い同社から経営分離・移管される信越本線の北長野—直江津駅間の記念入場券「ありがとう信越本線記念入場券」を、直江津・高田・新井・妙高高原・黒姫・豊野の各駅で発売する。移管区間では最後の記念券となる。

直江津—北長野駅間16駅の入場券(大人)を各1枚ずつセットにしたもので、路線図や列車の写真などが載った記念台紙付きで販売する。入場券は昔懐かしい硬券(こうけん)で、発売額は2240円(140円×16駅)。

「ありがとう信越本線記念入場券」(JR東日本新潟支社のプレスリリースから)
kinenken

各駅での販売開始は1月10日は午前10時から、11日以降は各駅の営業時間。購入は1人5セットまで。郵送・インターネットでの申込や販売も実施されない。販売総数は、直江津駅400セット、高田駅300セット、新井駅200セット、妙高高原駅100セット、長野県内の黒姫駅・豊野駅ではそれぞれ1000セット。新潟県内は2月28日まで、長野県内は3月8日までの発売を予定しているが、いずれも完売次第終了となる。

↓JR東日本新潟支社のプレスリリース
http://www.jrniigata.co.jp/Scripts/press/20150107arigatoshinetsunyujokenoshirase.pdf

↓JR東日本長野支社のプレスリリース
http://www.jreast.co.jp/nagano/pdf/150107.pdf