ホーム > 2014/10

えちごトキめき鉄道の新造ディーゼル車ET122 11月1日に初公開

7年前

来年年3月14日の北陸新幹線開業に伴いJRから経営分離される並行在来線を運営する「えちごトキめき鉄道」は2014年11月1日、現在の北陸本線の「日本海ひすいライン」(直江津─市振)に導入するに新造ディーゼル車の車両見学会をJR糸魚川駅構内で開催する。開業に合わせて新造したもので、この見学会が初めての一般公開となる。

車両型式はET122。JR西日本姫新線キハ122ベースに新造した車両で、日本海の波を鮮やかなブルーで表現。車内空間を広くするため、2列シートと1列シートの配置を採用。2両または1両編成で運行する。

新造ディーゼル車のイメージ
ET122

糸魚川駅の見学会の時間は午前10時から午後3時まで。参加費は無料で、事前の申込も不要。先着500人にオリジナルクリアファイルがもらえる。

↓えちごトキめき鉄道の公式サイト
https://www.echigo-tokimeki.co.jp/

↓見学会のチラシ(えちごトキめき鉄道の公式サイト内のPDF)
https://www.echigo-tokimeki.co.jp/PDF/141010_ET122.pdf