ホーム > 2014/10

ほぼ完成した上越妙高駅内部を全天球写真で 開業前最後の見学会

7年前

北陸新幹線上越妙高駅の内覧会(主催・上越商工会議所青年部など)が2014年10月11日、開かれました。来年3月14日の新幹線開業前の駅舎の見学は今回が最後で、県内外から約620人が参加しました。東口の「もてなしドーム」や移設された脇野田駅が初めて公開されました。ほぼ完成した駅舎などの様子を全天球画像や写真で紹介します。

【360度パノラマ写真の見方】 画面上でマウスを左クリックしたままポインター(手のひらマーク)を動かすと、上下左右好きなところを見ることができます。「+」、「-」ボタンで拡大縮小できます。スマートフォンも指を動かして操作できます。

↓地場の杉材を用いて組まれた東口の「もてなしドーム」。天井まで約20mある。今回初めて公開された

Post from RICOH THETA. - Spherical Image - RICOH THETA

南葉山などが望める西口2階の「光のテラス」
hikari

↓上越妙高駅の2階コンコース

Post from RICOH THETA. - Spherical Image - RICOH THETA


3階にある2面4線の新幹線ホーム
nairankai

10月19日から営業するJR脇野田駅の信越線ホーム
wakinoda