ホーム > 2013/06

学生に喫煙注意され逆ギレ 上越教育大40代男性教員懲戒処分

6年前

上越教育大学(新潟県上越市)は2013年6月7日、全面禁煙の大学構内で喫煙しているところを学生に注意されたことに逆上し、暴言を吐くなどしたとして、40代の男性教員を停職3か月の懲戒処分にしたと発表した。

同大学によると、男性教員は今年3月中旬の昼過ぎ、校舎のベランダで喫煙したところを男子学生に注意された。男性教員は逆上し怒鳴り立て、騒ぎに気づいて集まった学生や教員らともみ合いになった。学生の人格を傷つける暴言のほか、胸ぐらをつかむなどの暴力行為があったという。

同大学では「教員養成を使命とする本学の職員が不適切な行為を行ったことは誠に遺憾であり、深くおわびする。今回の事案を厳粛に受け止め、職員の服務規律の一層の徹底に努めていく」としている。男性教員は「深く反省している」と話しているという。

同大学の構内は2011年4月から全面禁煙となっている。

上越教育大
joukyou