ホーム > 2013/01

雁木下の雪アート 画像ランキングで全国1位に

6年前

新潟県上越市本町5のアーケード下に吹き込んだ雪でベース・ギターを描いたアート写真が、ツイッターで大量にリツイートされ、全国をエリアにした「画像ランキング」サイトで2013年1月27日の第1位になったことが分かった。

ツイートが1位になった画像ランキングサイト(クリックでリンク)
rank

見事な雪のアートを考えたのは、二葉楽器の古川昌弘店長。27日は吹雪になり、アーケード下にまで雪が吹き込んでいた。出勤時に「滑るので危ないな」と思う一方、「これを絵にしたらおもしろいのでは」と考えた。

アーケード下には視覚障害者誘導用ブロックが埋め込まれており、4本の線に見えることに気付いた。弦が4本のエレキベースに仕立てることにし、スコップを使って30分ほどかけてアートに仕上げたという。

実際にアーケードを歩いてみると、絵を斜め上から見るのでギターのネックが短く見えてしまう。そのため、ネックを長めに描いたという。

話題になった雪のアート
base

同店のツイッターに「本町に巨大ベース出現!」としてアップしたところ、同店の客や音楽関係者にリツイートが広がった。翌28日にはリツイートが2600を超え、「何だか信じられません。つらい雪かきが少しでも楽しくなればと思いやってみました」とツイッターで礼を述べた。

ツイッターでその日の1位の画像をまとめている「画像ランキング」(http://matome.naver.jp/odai/2135706007366720401)サイトでは、3080のリツイート数で1月27日の1位に輝いた。また、別のサイト「WEBランク」(http://web-rank.jp/)では27日の話題度ランキングで第2位になっている。

1位になったツイートは、古川さんの画像を使って別の人が「ベース落ちてた」という別のタイトルでツイートしたもの。2つを合わせると、5680ものリツイート数になる。

弦が4本の楽器は、ほかにウクレレやバイオリンがあることから、古川店長は「アーケードに雪が吹き込んだら、挑戦してみたい」と話している。

◇二葉楽器のツイッター
https://twitter.com/futabagakki