音楽と花火がコラボ 鵜の浜の「色彩音楽花火」

新潟県上越市大潟区の鵜の浜温泉で、音楽と花火がコラボレーションする10分間のイリュージョン「色彩音楽花火」が、今年も2012年8月1日夜から始まった。今年は8月25日まで、あと6回打ち上げられる。

unohama_w

宿泊客や海水浴客に楽しんでもらおうと、鵜の浜温泉観光組合が毎年打ち上げているもので、今年が5年目。音楽に合わせ10分間に約250発を打ち上げるという目新しさから、年々人気が高まっている。

初日の8月1日は大勢の見物客が鵜の浜海水浴場の砂浜で見物する中、午後8時から打ち上げが始まった。

1曲目、ワールドカップフランス’98のオフィシャルソング「the cup of life」が流れると、熱いリズムに合わせて次々と色とりどりの花火が絶え間なく打ち上がり、大きな歓声が上がった。2曲目以降は、しっとりとMr.Childrenの「祈り ~涙の軌道~」、軽快ないきものがかりの「KISS KISS BANG BANG」と続き、最後はゆずの「栄光の架け橋」でドラマチックに締めくくった。

大潟観光協会によると、残りの6回とも、打ち上がる花火の種類と音楽が違うので、毎回見ても異なる花火を楽しめるという。


色彩音楽花火(2012年8月1日撮影・約10分間)


 このあとの打ち上げ予定は、2012年8月2日(木)、8日(水)、9日(木)、15日(木)、16(木)、25(土)。時間は午後8時~8時10分。無料。見物は鵜の浜海水浴場から。

問い合わせは、大潟観光協会 電話025-534-4465。