妙高市で住宅全焼 88歳女性が焼死

妙高警察署は2012年4月4日、焼け跡から発見された遺体が、この家に住む無職の木原ミサさん(88)と判明したと発表した。死因は焼死という。
(2012年4月4日午後6時)


 2012年4月2日午後8時過ぎ、新潟県妙高市葎生(もぐろ)の木原ミサさん(88)方から出火し、木造一部2階建ての住宅(約115平方)を全焼し、午後9時過ぎに鎮火した。焼け跡から木原さんとみられる遺体が見つかり、警察では身元の確認や火事の原因を調べている。


全焼した木原さん宅(2012年4月3日午前9時すぎ)

moguro_w

木原さんは一人暮らし。近所の人は「冬の間は毎年熊谷の息子さんの所に行っていて、この間帰ってきたばかり。すごく元気で、これから畑の準備をする所なのに」と話す。

旧妙高村関山の東側にある葎生集落は47世帯あり、木原さん宅付近は住宅が密集している。火勢が強く隣家の壁を一部こがしたが、延焼はまぬがれた。

現場検証が行われた翌3日は強い風が吹き、屋根からはがれたトタン板や紙類が舞っていた。近所の人は「昨夜は鎮火してから風が強くなった。今日のように風が強い日だったら大変なことになっていた」と口々に話していた。

火事現場の地図

大きな地図で見る