ホーム > 2021/09

「将来を見据えた三角屋根の家」 上越市大和1で9月11、12日に見学会 ディテールホーム

3か月前

記事広告

「個性的なデザインと機能性の追求」をテーマに新潟県内で年間約170棟もの住宅を手がける「ディテールホーム」(本社・長岡市)は、上越市大和1で2021年9月11、12日に完成見学会を開催する。完全予約制。

三角屋根でモスグリーンの外壁が特徴の、5LDKの家。玄関に隣接するように、タイヤやスポーツ用品、除雪用具などを入れる収納庫も設けた。

公開される家の外観
210911_jouetsu-s_eyecatch2

「両親と同居することになったら」「自分たちが高齢になったら」など、将来を見据えた設計にしたことがポイント。玄関から将来用の居室、リビング、水回りと行き止まりなく回遊できる間取りになっており、足腰が弱くなっても移動が最短距離で済むようにした。

2階には共有のファミリークローゼットを設置。また各部屋ごとにもウォークインクローゼットを設け、自分のものは自室で収納できるようにしている。

リビングダイニング。3か所の出入り口がありどこへも動きやすい
IMG_7562

角地に建つ家は開放的である反面、通行人からも見えやすい。そのため道路に面した側は窓を最小限にし、南側に取った窓で採光を確保した。

オリジナル制作のキッチン収納
IMG_7577

室内は木目を生かしたデザインになっており、落ち着ける空間。また食器棚やデスクカウンター、テレビボード、洗面台などは造作したオリジナルになっている。

洗面台もオリジナル。脱衣所、キッチンも近く家事動線を考えて配置
IMG_7568

「今を楽しみながらも将来のことを考えて設計した家です。ぜひご覧ください」と同社では話している。

開催時間は、午前10時から午後5時まで。完全予約制。WEB予約はこちら

WEBサイト https://www.detail-home.com/

問い合わせはディテールホーム上越 フリーダイヤル 0120-701-883

見学会会場(上越市大和1)