ホーム > 2017/07

1万円以上お得に⁉ 詰め放題2980円 ニューワタナベ恒例の「袋セール」

4か月前

=記事広告=

“身近なクリーニング屋さん”として知られ、上越・妙高両市に約50店舗を構える「クリーニング ニューワタナベ」で恒例の「袋セール」が始まった。同社指定の袋に衣類や小物を詰め込んで店に持ち込むと、一律1袋2980円でクリーニングしてもらえるという “超お得” な企画。同社によると「袋にうまく詰め込むとクリーニング代金が1万円以上得になることも。家事の負担も減らすことができるので、この機会にぜひ利用して」と利用を呼び掛けている。

毎夏恒例の詰め放題2980円「袋セール」

同社の夏恒例企画で、毎年心待ちにするファンも多いイベント。衣替えで出しそびれたダウンやセーター、スキーウエアといった冬物や、面倒なアイロン仕上げが必要なブラウスのほかスーツ、学生服などが対象となる。

専用の袋
クリーニング1

使用する専用袋は55cm×40cmのビニール製。同社営業主任の本田貴士さん(27)によると、「ブラウスなど薄手のものは30〜40枚入れる方もいらっしゃる」とのこと。同社のブラウス1枚のクリーニング料金は491円。30枚詰め込むと通常は1万4730円となり、1万1750円もお得となることに。春先に出し忘れたスキーウエア(上下3534円)、セーター(491円)、ダウンジャケット(1718円)をはじめ、毎日着るスーツ(上下1345円)や学生服(1276円)をこの機会にクリーニングするのがおすすめ。例年、一度に4、5袋持ち込む人も多いという。

クリーニング2

丁寧に詰めると12000円以上も

袋に入れられるものは上着、ズボン、スカート、ポロシャツ、ワンピース、ブラウス、ジャンパー、コート、アノラック、スキーウエア、セーターなど。革製品や礼服、ゆかたなどはNG。足袋やネクタイ、スカーフなどの小物も5点まで入れることができる。衣類を入れたら、袋の口もとを縛るという決まり。

本田さんがサンプル品を作っていたので、中身を出してみると、ズボン2本、セーター5枚、シャツ1枚、ジャケット1枚、ベスト1枚、ブラウス2枚、ジャンパー1枚、ダウンジャケット1枚、ボレロ1枚、帽子2個、ネクタイ3本の計20点、通常料金12000円分が詰められていた。

袋の中にはダウンジャケットなど20点(通常料金12000円分)が入った
クリーニング3

本田さんはたくさん詰めるコツとして「ダウンジャケットは空気を完全に抜いて小さくまとめる。薄手のものや小物をすき間に入れるとたくさん詰めることができます。期間最終日は例年混み合うので、早めに出していただければ」と話している。指定袋は各店舗で無料配布している。特殊素材、超撥水加工は別途料金がかかる。

開催期間

店舗エリアによって開催期間が変わる。開催日時は次の通り。

  • 高田エリア: 開催中〜7月20日(木)
  • 直江津エリア: 7月8日(土)〜7月25日(火)
  • その他エリア(妙高・柿崎・板倉): 7月15日(土)〜8月1日(火)

ニューワタナベ上越工場
クリーニング4

問い合わせはニューワタナベ上越工場 025-544-3122