ホーム > 2018/10

うみがたりの人気者「マゼランペンギン」のトートバッグ登場

3週間前

新潟県上越市の総合衣料販売のワクイ(中央2、和久井吉男社長)はこのほど、市立水族博物館うみがたりのマゼランペンギンのイラストがプリントされたトートバッグを製作した。市内在住のイラストレーター、ひぐちキミヨさんが16羽のペンギンを描いたオリジナルの図柄で、同社の「ファッションコアわくい本店」(同市中央2)と「レベール」のエルマール店(西本町3)、アコーレ店(富岡)で販売している=写真=

うみがたりトートバッグ

うみがたりの開館にあわせ「直江津の街を盛り上げたい」と同社が企画。うみがたりをはじめ直江津の街並みや直江津祇園祭などのイラストを多数手がけているひぐちさんとコラボレーションし、今月から販売を開始した。

バッグには夕焼け、日本海、大水槽を3色で表現したうみがたりお馴染みのロゴマークをイメージした背景に、さまざまな大きさのマゼランペンギンがかわいらしく描かれている。正面を向いたペンギンもいれば、横向きだったり寝そべったり。ちょこちょこと動き回るペンギン達の特徴が、ひぐちさんならではの温かなタッチでよく捉えられている。

大きさは縦25cm、横32cm、マチ部分10cm。キャンバス生地のしっかりとした作りで、価格は2200円(税別)。「うみがたり」の文字入りと文字なしの2種類がある。

「うみがたり」の文字入り(右)と文字なしの2種類
うみがたりトートバック2

和久井英則専務(39)は、「うみがたりグッスがここにも売っている、と手に取ってもらえ、反応もいい。文字入りはうみがたりのお土産を入れて使ってもらうことで直江津のピーアールになり、文字なしはペンギン好きの方にお薦めです」と話している。

問い合わせは「ファッションコアわくい本店」025-543-2604
オンラインショップ https://lebell.thebase.in/items/13617793