トップは3年連続で田辺工業 上越地区の企業売上高ランキング

東京商工リサーチは2020年1月、2018年4月~2019年3月期を決算期とする新潟県内企業の売上高ランキングをまとめた。このうち、上越地区(上越市、妙高市、糸魚川市)は、3年連続で「田辺工業」(上越市)がトップになった。5位までの順位は前年と同じ。

上越地区で3年連続トップになった田辺工業(上越市)
田辺工業

1位となった「田辺工業」は、プラント建設や施設の電気設備設計・メンテナンスを手がけている。20%以上売上を伸ばし、県内順位を44位から33位に上げた。2位には2年連続で、電子材料を手掛ける「有沢製作所」が入った。

県内ランキング200社のうち、上越地区の企業は12社(前年より4社減)だった。上位5社は次の通り(各社の公式サイトへリンクしています)。

  1. 田辺工業(上越市)
    売上356億7195万円(前年289億5921万円、前年1位)
  2. 有沢製作所(上越市)
    売上292億6912万円(前年285億387万円、前年2位)
  3. エム・アイ・ディジャパン(上越市)
    売上227億5806万円(前年258億1474万円、前年3位)
  4. ナルス(上越市)
    売上224億7133万円(前年223億6283万円、前年4位)
  5. 新潟太陽誘電(上越市)
    売上206億4300万円(前年177億6,100万円、前年5位)

*ランキングは、金融、衣料、農業団体法人、特殊法人、合併で解散した企業、倒産企業などを除外しています。

関連記事