ホーム > 2019/09

上越青少年文化センターにいた案内ロボは手塚治虫デザイン!? 製造は国内4体だけ

2か月前

新潟県上越市国府1にかつてあった上越青少年文化センターに入ると、レトロな「案内ロボット」が出迎えてくれたことを覚えているだろうか。このロボットをデザインしたのは、漫画家の手塚治虫さんだった可能性が高いことが最近の研究で分かってきた。同種のロボは4体作られたとされ、上越市の案内ロボは2012年度のセンター廃止後、処分されており現存しない。

2012年度に廃止された上越青少年文化センターにあった案内ロボット
上越の案内ロボ

研究を進めているのは、国立情報学研究所特任専門員の藤吉隆雄さん。科学技術発展へのマンガ・アニメの影響などを調べている。藤吉さんによると、4体のうち現存しているのは静岡市の静岡科学館の1体だけで、同館には手塚さんがデザインしたという説明付きで展示されていたという記録があるが、その来歴は明らかでなかった。

4体のうち唯一、静岡科学館に現存するロボット「カンちゃん」(写真・同館提供)
カンちゃん02

藤吉さんは昨年9月、このロボットを各地の科学館などに納入したメーカーの技術者を探し当て、聞き取り調査を実施した。その結果、手塚さんにデザインを依頼して完成した1号機が、1970年頃に兵庫県宝塚市の宝塚ファミリーランドに納入され、2〜4号機はその後、1号機の設計を流用して静岡市立児童会館、上越青少年文センター、福岡市立少年科学文化会館の3施設に納入されたという証言を得た。

静岡での納入の際には、手塚さんがデザインしたという売り込みがなされ、その後も伝承されたため廃棄を免れたが、上越などほかの施設では説明がなされず納入されたのではないか、と藤吉さんはみている。

手塚さんがデザインしたロボットは1970年の大阪万博フジパン・ロボット館が知られている。今回の4体が手塚さんデザインである確証が得られれば、手塚さんの知られざる業績の発掘となる。

上越青少年文化センターは1971年11月にオープンし、案内ロボットが納入されたのは2年後の1973年度。上越市教育委員会によると、施設の老朽化により2012年度にセンターが廃止された際に、案内ロボットは廃棄されたという。

1971年から75年まで同センター職員として勤務していた現・上越市議会議員の飯塚義隆さん(69)は当時を振り返って「ロボットは目が光り、手を上下左右に動かして、何かしゃべったと思う。手塚治虫さんという話は当時もまったく聞いたことがない。知っていれば市も保存しただろうに。惜しいことをした」と話している。

藤吉さんは、調査研究の経緯を昨年12月の科学技術社会論学会、今年6月の日本マンガ学会で発表している。今後も、上越青少年文化センターを含む4施設の記録文献、記憶証言を発掘し、手塚ロボの全容を明らかにしていくとしている。

関連記事

https://www.joetsutj.com/articles/51940701 新潟県上越市による公共施設の見直しで本年度中に廃止される方針が明らかになった国府1の上越青少年文センター。廃止のニュースに、ツイッターやフェイスブックには懐かしんだり、惜しむコメントが多くみられた。建物に入ると「案内ロボット」がいて、今見ると新鮮さすら感じるレトロな科学展示が特徴…
https://www.joetsutj.com/articles/51940141 公共施設の見直しを進めてきた上越市は2012年7月9日、本年度中に上越青少年文化センター(国府1)など19施設を廃止し、4施設を民間譲渡する計画を市議会総務委員会で明らかにした。↓上越青少年文化センター(2012年7月9日撮影) 2005年の14市町村合併により類似施設を多数抱え…