ホーム > 2021/02

ビルトインガレージのある薪ストーブの家 2月20、21日に上越市大和で見学会 布施材木店

8か月前

記事広告

「薪ストーブとビルトインガレージのある暮らし」をテーマとした家の完成見学会が、2021年2月20、21の2日間、新潟県上越市大和地内で開かれる。設計施工は、100年以上国産材を使った家造りを行っている上越市吉川区の布施材木店。完全予約制。

新型コロナウイルスの感染拡大などで家で過ごす時間が増えたことを受けて、ステイホームを考慮して設計した家。家族の安全性を確保しながら、楽しんで暮らせることを目指した。

木のぬくもりがあふれるリビングダイニング
living

家族が集う場所であるリビングには、ソファに座りながら妙高山などが一望できる大開口の窓を設けたほか、長さ約6m、幅約1.2mのコンクリート土間を作り、停電時でも家を暖められる薪ストーブを設置。揺らぐ火を眺め、薪の燃える音を聞きながら家族で語らうことをイメージしたという。

リビング横の土間には薪ストーブも設置
maki

また、自家用車2台分の広さがあるビルトインガレージも導入。消雪用の井戸もあるため、今冬のような大雪が降っても、雪下ろしや車周りの除雪の労力を軽減させることができる。

室内の床や天井はカバやスギなどの無垢材を、壁は調湿性・脱臭性の高い和紙やエッグウォール(卵殻を使った壁)を使っており、自然素材がたっぷり。収納や棚も木材で職人が手作りしており、温かみあるシンプルなインテリアで統一されている。

公開される家の外観
gaikan

「時間の経過とともに風合いが増していくのが自然素材の家です。高い耐震強度を持ち、税金が優遇される長期優良認定住宅でもあるので、ぜひご覧ください」と同社では話している。

和室は上げ下げ障子で、外からの光を取り入れながら視線もさえぎる
washitsu

開催時間は午前10時〜午後5時。会場は予約申し込み時に伝える。

新型コロナウイルス対策として、会場ではマスクの着用が必要となる。

見学会のページはこちら。予約ページはこちら

予約申し込みはフリーダイヤル 0120-940-722