ホーム > 2017/12

関川を眺め好きなものと暮らす家 12月9日〜11日に上越市東雲町1で完成見学会

5日前

=記事広告=

関川の雄大な流れを眺めながら好きなものに囲まれて暮らす家が完成した。設計は、自然素材を生かし長く心地よく住める家造りを行っている新潟県上越市春日野1の熊木建築事務所で、2017年12月9日(土)〜11日(月)の3日間、同市東雲町1で完成見学会が開かれる。

公開される住宅の外観
DSC08327-2

完成した家は「家族みんなが楽しく、自分の時間も楽しめる家」がテーマ。敷地面積約140坪とたっぷりの広さがあるが、家の前が交通量の多い道路であるため、敷地内で車の切り返しができるような広さを確保した。

川風を感じられるリビングダイニング
DSC08353-2

家の東側には関川が流れているため、土手を歩く人の視線を感じないようリビングに隣接してポーチを設置。木を植えれば自然のカーテンになるだけでなく、散歩をする人に季節を感じてもらうことも想定している。

床や収納棚は無垢材を使っており、室内は温かみあふれる雰囲気。間取りは水回りが一直線になるよう配置され、家事動線にも工夫を凝らした。

収納もついた玄関
DSC08345

2階の寝室には、小物の収集が趣味である家族のために、ガラスドア付きのコレクション棚を造りつけた。また住まいの随所に本棚や収納棚を設けており、家族が好きなものに囲まれて過ごせるよう設計されている。

「長く愛着を持って住み続けたいという思いが詰まった家です。暮らしがより快適になるアイデアをぜひご覧ください」と同社は話している。

公開は午前10時〜午後5時。

電話0120-918-786

見学会会場(上越市東雲町1-2-5)