ホーム > 2016/09

ポケモンGOの効果も 上越蓮まつりの入り込み過去最多の24万人記録

3年前

上越観光コンベンション協会は新潟県上越市の高田公園で開かれた「第37回上越蓮まつり」の入り込みが過去最多の24万4600人だったと発表した。北陸新幹線開業などで入り込みが初めて20万人を超えた昨年より約19%増加し、過去最高となった。

上越蓮まつり会場の高田公園で「ポケモンGO」を楽しむ人たち(2016年7月)
DSC_7081-2

「東洋一」と称される高田公園のハスは、明治維新直後の高田藩の財政難を打開しようと、戸野目の大地主が植えたのが始まりとされ、毎夏外堀約19haに花を咲かせている。

今年の蓮まつりの会期は7月22日から8月16日までの26日間。昨年より会期を2日延ばした。

同協会によると、会期中は概ね好天に恵まれたことに加え、公園内でスマートフォン向けゲームアプリ「ポケモンGO」を楽しむ人が多く訪れたことも入り込みを押し上げた。また長野、富山、東京、埼玉、神奈川などからの県外のマイカー客が多かった。高速道路や鉄道各社の駅、列車内でのポスターなどの掲出によるPRの効果もあったとしている。

上越蓮まつりの過去の入り込み

年度 入り込み数
2016 24万4600人
2015 20万5300人
2014 15万3400人
2013 14万2000人
2012 14万1000人
2011 12万2000人
2010 14万3000人

関連記事

https://www.joetsutj.com/articles/97295657 世界中で人気のスマートフォンゲームアプリ「ポケモンGO」。日本でも大ブームとなっている。新潟県上越市は東京23区の約1.5倍という広く、ポケモンGOをやろうにも、自宅の回りには「ジム」も「ポケストップ」もないという人も少なくないはず。日本でのリリースから一夜明けた2016年7月23日、上…