ホーム > 2017/02

上越妙高駅西口に「東横イン」進出 14階建てビジネスホテル4月着工

9か月前

新潟県上越市大和5の上越妙高駅の西口に、ビジネスホテル「東横イン」が2017年4月1日着工する見込みとなった。ホテルは鉄骨造り地上14階建てで、1年後の2018年4月末に完成する予定。

東横インの建設予定地(2017年2月17日撮影)
東横イン(2月17日撮影)

建設場所は、飛田テックグループが温泉掘削を行っている温浴施設建設予定地の道を挟んで南隣。敷地面積は約1000平方m。ホテルの建築面積は約353平方m、延べ床面積は約4271平方m。地上14階で高さは48.3m。駐車場は17台分。

東横インは新幹線駅前への進出を進めており、北陸新幹線沿線では長野、富山、金沢の各駅前に進出済みで、今年1月24日には富山県の新高岡駅南口にも開業した。上越妙高駅前への進出により沿線主要駅をカバーすることになる。

新潟県内では新潟市に「東横イン新潟古町」(中央区)、「東横イン新潟駅前」(中央区)があり、上越は3か所目となる。

東横イン公式サイト http://www.toyoko-inn.com/

建設予定地

関連記事

https://www.joetsutj.com/articles/35050028 上越妙高駅(新潟県上越市)西口に5階建てのオフィスビルが計画されている。飛田テック(本社上越市中箱井、飛田剛一社長)が建設するもので、入居する企業を広く募集している。駅西口周辺では温泉掘削や商業施設の拡張、ホテル進出の動きなどもあり、2014年3月の北陸新幹線開業から約2年を経て開…