ホーム > 2017/08

“高原とまと” で料理やスイーツ 妙高市の27店が9月に「お山のとまと食堂」

2か月前

9月に旬を迎える新潟県妙高市関山の “高原とまと” を使った料理やスイーツなどを味わってもらおうと、新潟女将の会妙高支部(高橋弘美支部長)は2017年9月1日~30日、旅館や食堂、カフェ、菓子店、パン店、農園など27店が参加して「お山のとまと食堂」を実施する。

妙高市関山の特産“高原とまと”
高原トマト

新潟県はトマトの産地として知られているが、県内最大の産地である豊栄などは既に旬を終えている。“高原とまと”の産地で知られる妙高市大洞原周辺では、標高が500m前後と高く、妙高山から吹き下ろす風は真夏でも冷たい。そのため、9月に入ってからようやく旬を迎え、10月まで収穫できる。朝晩の寒暖差が大きいため、甘みが強いのが特徴だ。

「お山のとまと食堂」を企画した新潟女将の会妙高支部の村山美枝子さんは「高原とまとは、木で完熟させても実がしっかりして、料理に使っても崩れない。宿泊客にトマトを使った料理を召し上がっていただいたり、訪れる人にパンやスイーツを買って帰ってもらえらえば」と話す。今年が初年だが、来年以降も続ける計画だ。

赤倉さんほてるのシーフードトマトカップ
サンホテル

旅館は11軒でグラタンや茶碗蒸し、スムージーなどを提供。一部の店を除き、宿泊者のみとなる。

もちや菓子店のトマトのチーズケーキ
もちや菓子店

イタリア料理店ではポモドーロ、ラーメン店ではトマトラーメン、カレーショップではトマトをのせたレッド焼きそば、菓子店ではジュレ、チーズケーキ、パン店ではトマト入りのカレーパンなどを提供する。カフェではトマトアイス、トマトムースなどを食べることができる。

他に “高原とまと” が買える直売所や農園も参加している。

提供メニュー、地図は次の通り。問い合わせは、妙高高原商工会0255-86-2378。

提供店
メニュー1


メニュー2

◇「お山のとまと食堂」メニュー https://myoko-tomato.jp/wp/wp-content/uploads/2017/07/flyer2017.pdf

◇妙高の高原とまと公式サイト https://myoko-tomato.jp/