ホーム > 2020/11

上越零細連が政策提言発表とワークショップ 15日に市民プラザ

3週間前

コロナ禍で危機的状況にある新潟県上越地域の中小零細企業が今年設立した経済団体「上越中小零細事業者新連盟」(今井孝代表理事)は2020年11月15日、政策提言発表会と来場者参加型のワークショップを開く。誰でも参加できる。

経団連などと同様の「圧力団体」として、零細業者の声を政府の政策に反映させようとフリーランス有志で今年5月に設立。政策を、地元選出の現職国会議員に直接提言していくとしている。今回は設立後取りまとめた提言を発表し、来場者参加型のワークショップとして勉強会を開く。

今井代表理事は「この半年、政府は特別定額給付金、持続化給付金などさまざまな経済支援策を打ち出しましたが一時的なものにすぎず、格差や分断は深まるばかり。ぜひ上越の零細事業者発、日本経済を復活させる処方箋をご覧いただきたい」としている。

会場は上越市土橋の市民プラザ第4会議室。時間は午後7時から同8時半まで。定員は20人程度。申し込みは不要。

▼上越零細連のウェブサイト
https://reisairen.net/

関連記事

https://www.joetsutj.com/articles/96406300 新型コロナウイルスの影響で売り上げが激減し危機的状況にある、新潟県上越地域の中小零細企業やフリーランス有志が要望を政府に届け事業存続を図ろうと2020年5月18日、新たな経済団体「上越中小零細事業者新連盟」(今井孝代表理事)を設立した。「絶対に生き残ってやる」を合言葉に、固定費の補償などの政策を、地元選出の現職国会議員に直接提言していく。…