ホーム > 2015/10

新潟県立看護大が模擬試験の結果91人分を紛失

4年前

新潟県上越市にある県立看護大学は2015年10月28日、学生の氏名や成績が記載された模擬試験の結果91人分を紛失したと発表した。

県立看護大
kango1

紛失したのは看護師や保健師を目指す4年生を対象にした模擬試験の結果で、学生の学籍番号、氏名のほか、過去の模試での得点率、評価も記載されている。

10月15日から国家試験対策を行うため担当教員の間で取り扱い注意として回覧した際に、1人の教員が紛失したという。同大学によると、この教員は外部に持ち出した記憶はないと話しているといい、外部への漏えいは確認されていないという。

同大学では「学生に大変迷惑をかけ、また県民にに心配をかけたことに心よりお詫びする。今後個人情報の取扱いについて具体的な検討を進め、再発防止に努める」とのコメント発表した。