PR 風景をリビングに取り込む「国府の家」 上越市内で10月22、23日に見学会

「地材地建 美しい家」がコンセプトの「kinoie(キノイエ) 国府の家」の見学会が、2022年10月22日(土)、23日(日)に、新潟県上越市国府で開かれる。主催は同市栄町2のカネタ建設上越店で、参加は完全予約制。

公開されるのは、延べ床面積約28坪の4LDKの家。外観は黒の金属外壁に地場産のスギ木材を掛け合わせており、寺社仏閣など歴史と豊かな自然がある地域になじむデザインとなっている。

公開される家の外観

キノイエは、床やスノコ状の天井、柱などにスギ材を使用した自然素材あふれる住宅で、室内には心地良い木の香りが広がる。「庭もリビングの一部」として考え、ウッドデッキの先に広がる庭には四季を感じられる広葉樹を植え、リビングから見える風景も暮らしに取り込んだ。

リビングダイニング

リラックスして休むための主寝室は、リビングや子供部屋から離して配置。家族が好きなアウトドアを楽しむグッズを収納する土間や納戸は、自家用車への積み下ろしがしやすい場所に設け、利便性を高めた。

庭の風景も室内に取り込むように設計されている

このほか、キッチンに隣接するように脱衣場、バスルームを配置することで家事効率をアップ。ガス乾燥機も導入しているので、乾きにくい冬場の洗濯も安心できる。

隅々まで空気が循環する「スノコ天井」を採用した2階

暖房は、1階床下には1台のエアコンが入っており、足元から2階まで家中を暖める。夏場の冷房は逆に2階のエアコン1台のみでまかなう。家中で温度差が少なく、どこにいても快適に過ごすことができるのがポイントだ。

地場産のスギ材をふんだんに取り入れた心地よい空間が広がる

同社では「心地よい暮らしを育む美しい住まいです。ぜひご覧ください」と話している。

見学は各日5組限定の完全予約制。公開は午前9時〜午後5時。

WEB予約はこちら。キノイエホームページはこちら

問い合わせは 0120-696-711(午前9時〜午後5時)。