ホーム > 2018/03

厚さ6cmのコンクリート壁で包む家 上越市本城町で3月10、11日に公開

9か月前

=記事広告=

家を包むのは厚さ約6cmのコンクリート──積水ハウスの住宅無料見学会「住まいの参観日」が、2018年3月10日(土)、11日(日)の2日間、新潟県上越市本城町地内で開かれる。

厚さ6cmのコンクリート製外壁

窓は内側に引っ込むようにつく仕様で汚れにくい
外壁イメージ

公開するのは、鉄骨2階建ての4LDK住宅。注目は、同社が開発した厚さ約6cmの重厚感あるコンクリート製外壁で、断熱、防音に優れるほか、耐火性も高いため火事被害を抑えられる。汚れ防止コーティングもされており、将来にわたってメンテナンス不要だ。表面は凹凸があり、光が当たるとできる陰陽が壁面に表情を生む。

耐震性も同社開発の躯体補強材「シーカス」の採用で最高レベルに。震度7クラスの地震でも揺れを一般住宅の半分以下に抑えてくれる。

停電時でも使える発電システム

またこの家は、太陽光とエネファーム(家庭用発電システム)のダブル発電。電気を自給自足するエコ住宅で、使用電力量もプラスマイナス年間実質ゼロが可能だ。非常用電源にもなるなど災害に強く、停電時でも湯を沸かせる。

大開口サッシで抜群の開放感

公開される住宅(イメージパース)
外観パース2

室内は、冬でも足元から暖かい床暖房を採用。同社の住まいの特徴である大開口サッシからは、庭や風景を一望し、家族が集うリビングを明るく開放的にする。

「自家発電で災害にも強い、これからの時代の住まいとなりました」と同社。「累積建築戸数が200万戸超と、最も選ばれる当社の品質性能とデザインをぜひご覧ください」と話している。

来場者にプレゼント クレープも出店

公開は午前10時〜午後5時。なお、来場者全員にランドリーバッグなど、雑貨ブランド「ブルーノ」とコラボしたグッズをプレゼント。11日にはクレープワゴン「サニーズ」号も来場し、作りたてのクレープをプレゼントする。

問い合わせは積水ハウス上越店(上越市上源入153-20、住まいの広場内)、電話025-545-3771(火・水曜定休)。

公開現場(上越市本城町)