ホーム > 2017/08

ドイツビールと食の祭典「上越オクトーバーフェスト2017」が開幕 8月6日まで

4か月前

今年で10年目を迎えたドイツビールと食の祭典「上越オクトーバーフェスト2017in蓮まつり」が2017年8月3日(木)、上越妙高駅西口の釜蓋遺跡公園で開幕した。初日から会社帰りのサラリーマンらが訪れ、会場のあちこちから「乾杯」の声が上がっていた。8月6日(日)まで開催されている。

初日から大盛り上がりの会場
20170803-DCS_6581

初日は、午後5時の開幕前に新潟を拠点に活動するアイドルグループ「NGT48」のライブが特設ステージで行われた。午後6時を過ぎる頃から続々と人が集まり、音楽が流れる中、「乾杯」やドイツ語で乾杯を表す「プロースト」の掛け声で、ビールを飲み干していた。会社の同僚6人で訪た市内在住の男性(46)は「会場の雰囲気が好き。ドイツビールを飲む機会があまりないので、イベントで飲むとおいしい」と話していた。

釜蓋遺跡公園は弥生時代から古墳時代の国指定史跡に作られた広さ約4.8haの公園。会場では「アインガー」や「エルディンガー」などのドイツビールをはじめ、ソーセージなどを味わうことができる。上越地域の飲食店もブースを出している。

会場で乾杯するグループ
20170803-DCS_6582

オクトーバーフェストは19世紀初めにドイツで始まった地ビールと郷土料理を堪能する祭典。日本では地域振興などを目的に開催するようになった。上越市では、上越青年会議所が高田公園の「上越蓮まつり」に合わせて毎年この時期に実施している。一昨年までは高田公園で開催していたが、昨年からは上越妙高駅からほど近い釜蓋遺跡公園を会場に開催するようになった。

今年は最終日の8月6日午後8時から、クラウドファンディングで資金を募集した10周年記念特別花火の打ち上げる。8月4〜6日までは、会場に雪冷房システムを用いた「涼」ブースや雪の遊び場なども登場する。

入場料は500円。20歳未満は無料。オクトーバーフェストの開催時間は、8月4日が午後4時から同9時まで。8月5、6日は午前11時から午後9時まで。

会場の釜蓋遺跡公園(上越妙高駅西口すぐ)