ホーム > 2017/10

上越に電気の明かりが灯って110年 東北電力が10月15日に感謝祭を開催

1週間前

=記事広告=

1907年に新潟県妙高市蔵々の東北電力蔵々発電所が送電を開始し、上越地域に電気の明かりが灯って今年で110年を迎えたことから、上越市大町2の東北電力上越営業所は、2017年10月15日(日)に「ワクワク感謝祭」を同所で開く。当日は高所作業車乗車などが無料で体験できるほか、毎月の電気料金や使用量をパソコンやスマートフォンでいつでも簡単に見られる、同社の登録無料の会員制ウェブサービス「よりそうeねっと」の会員登録の受付会も開催する。

感謝祭では、子供に人気の高所作業車のバケットに乗れる「高所作業車体験」、電気に関する実験や体験ができる「電気教室」があるほか、子ども縁日なども登場。料理研究家・梅田みどりさんのおすすめレシピを使った「IHクッキング体験」もあり、いずれも無料で楽しめる。また、スタンプラリーを行うとガラポン抽選会にも参加できる。

会場は大町2の同社構内。開催時間は午前10時〜午後3時。

ワクワク感謝祭のちらし
東北電力1710口A4表_最終

また、会場では東北電力が勧める、登録・年会費無料の会員制ウェブサービス「よりそうeねっと」の受付会を開催する。「よりそうeねっと」は、パソコンやスマートフォンを使って自宅の電気料や使用量の実績をいつでも簡単に見られるほか、電気料金の明細サービスの利用で電子マネー等に交換できるポイントが貯まるなど、便利でお得なサービス。

10月31日まで、抽選でスポーツ観戦チケット、陶芸や乗馬といった体験ができるギフトなどが当たる入会キャンペーンを実施中。

パソコンやスマートフォンから申し込みができる。申し込みフォームはこちら

問い合わせは東北電力上越営業所。電話025-523-7704

よりそうeねっとのキャンペーンちらし
入会・感謝キャンペーンチラシ口応募終了