ホーム > 2019/11

愛称は「ジムリーナ」 来年1月26日大潟区にオープンの上越体操場

2週間前

新潟県上越市大潟区九戸浜に2020年1月26日にオープンする上越市立上越体操場の愛称が「ジムリーナ」に決まった。2019年11月25日、村山秀幸市長が定例記者会見で発表した。

完成間近の市立上越体操場「ジムリーナ」(2019年11月25日撮影)
ジムリーナ

愛称は10月1日から31日まで、全国を対象に郵送やインターネットで募集していた。北は北海道、南は宮崎県まで全国各地から297人591件の応募があり、神奈川県相模原市の会社員、内河裕信さん(59)が応募した「ジムリーナ」が採用された。

市によると、「ジムリーナ」は英語で体操を意味するジムナスティックスの「ジム」に、アリーナの「リーナ」を組み合わせた造語。内河さんは「愛称単体でも体操の専用施設であることが伝わるよう思いを込めた」と説明しているという。

選考は言語表現の有識者や施設利用者、地元関係者によるワーキンググループが行い、シンプルで分かりやすく言葉の響きが良い、呼びやすさや親しみやすさに加え、体操をイメージしやすいとして、最終的に市教育委員会で決定した。内河さんはオープン記念イベントに招待される。

村山市長は「音感を含めて躍動的で体操の雰囲気を感じさせる名前」と評価。「既存の大潟体操アリーナを加えた全国屈指の環境で、競技力向上のほか大会や合宿誘致による交流人口の拡大を目指し、“体操のまち上越”を全国に発信していく」と期待を込めた。

ジムリーナは、新体操・トランポリン・器械体操を中心とした自治体施設としては国内トップクラスの体操専用施設で、県や北信越地区レベルの大会が開催可能。総事業費は23〜26億円。市教委スポーツ推進課によると、建物は今月末完成予定。

関連記事

https://www.joetsutj.com/articles/65961804 新潟県上越市が大潟区九戸浜に建設を進めている体操アリーナは来年1月26日にオープンする。市は正式名称を「上越市立体操場」とし、別途愛称を募集する方針だ。関連議案が市議会9月定例会に提案される。既存の体操練習施設「大潟体操アリーナ」(同区潟町)から東に1kmの場所にある、鵜の浜温泉…
https://www.joetsutj.com/articles/70643686 新潟県上越市が2020年春のオープンを予定している「(仮称)上越市体操アリーナ」の新築工事安全祈願祭が2018年7月9日、大潟区九戸浜の建設予定地で行われた。県内はもちろん国内トップクラスの体操施設で、総事業費最大26億円をかけて整備する。建設地は既存の体操練習施設「大潟体操アリー…
https://www.joetsutj.com/articles/19518921 上越市議会は3月定例会最終日の2018年3月26日、「(仮称)上越市体操アリーナ」の建設費を含む新年度予算案などを賛成多数で可決、承認した。体操アリーナについては、市民の間に疑問の声があるとして一部議員が予算の組み替えを求める動議を出したが、賛成少数で否決された=写真=。…
https://www.joetsutj.com/articles/01865495 新潟県上越市は、同市大潟区に建設を予定している「(仮称)上越市体操アリーナ」の実施設計の概要をこのほど、明らかにした。総事業費は最大26億円で、東京五輪前年の2019年12月完成予定。開会中の上越市議会3月定例会で審議中の同市の新年度予算案に、2018年度の工事費約4億4620万円が計上されている。…
https://www.joetsutj.com/articles/52864838 新潟県上越市は、大潟区に体操競技専用施設「(仮称)上越市体操アリーナ」を整備する計画を2017年6月6日、市議会文教経済常任委員会で明らかにした。市によると、県内はもちろん国内トップクラスの体操施設で、総事業費23〜26億円をかけて整備し、東京五輪前年の2019年12月の完成を目…
市立上越体操場「ジムリーナ」の場所