ホーム > 2018/12

上越市の南葉山荘が全焼 落雷が原因か

5か月前

2018年12月19日午後9時40分頃、上越市後谷の南葉高原キャンプ場で火災が発生した。木造平屋建ての南葉山荘と、近くの木造小屋の計約112平方mを全焼し、20日午前2時45分に鎮火した。上越警察署によると、けが人はいない。

炎を上げて燃える南葉山荘(上越地域消防事務組合消防本部提供)
南葉山荘火事

南葉山荘(上越市ホームページから)
sansou

上越地域消防事務組合消防本部によると、19日午後10時5分頃、地元住民から「キャンプ場の方向から火のような明かりが見える」との通報があった。現場に続く道は雪が多かったため、途中から消防、警察の車両が入れず、消防隊員は現場の約1km手前から徒歩で向かったという。また山あいで水利が遠く、雪をかけて消火にあたった。

南葉山荘は南葉山 (949m) 中腹の南葉高原キャンプ場内にあり、市が所有する宿泊施設。11月3日で今季の営業を終了したため、出火当時は無人でけが人はいなかった。

同署などは、出火原因は落雷の可能性が高いと見て調べている。

市内には19日午後7時過ぎから雷注意報が出されており、直江津地区では落雷が原因とみられる停電も起きていた。

南葉山荘の場所

関連記事

https://www.joetsutj.com/articles/37150455 2018年12月19日午後10時頃、新潟県上越市の南葉山(949m)で火災が発生した模様。高田地区の市街地からは山から炎が上っている様子が見られる。消防によると、雪が多いため途中から消防車が入れず、署員が徒歩で現場に向かっているという。高田市街地から見た南葉山(2018年12月19…