ホーム > 2019/07

花がない! 西堀のハスがピンチ 蓮まつりにダメージか

1か月前

新潟県上越市の高田公園を会場に2019年7月20日から始まる「上越蓮まつり」を前に、イベントのメイン会場に近い西堀橋周辺でハスの花がほとんど咲いていないピンチになっている。市都市整備課公園管理係では「対策は例年通りやっている。原因は周期的なものか、病気なのか分からない」と話している。

花がほとんど見られない西堀橋周辺
西堀橋付近1

西堀橋北側では花が壊滅状態
西堀橋北側

特に花がまばらなのが、西堀橋周辺と、西堀橋北側の堀。ぽっかり水面が出ている場所もあり、葉は出ているものの花やつぼみがない状態のハスが目立つ。

特に西堀橋は1989年に建設された“蓮見橋”で、蓮まつりの顔でもある。期間中は周辺で多くのイベントが開かれるだけに、観光客に与えるダメージは大きい。

高田公園オーレンプラザに面した南堀は平年並みに花が咲いている
南堀

南堀は野球場やオーレンプラザの南側を中心に平年並みに咲いているが、北堀は花の数が少ない。

近年では、イネネクイハムシの食害やザリガニの被害で、1987年に西堀が全滅、88年には西堀と北堀が全滅し、全面復活まで3年かかった。95年には南堀がザリガニ被害で全滅した。市ではハスの専門家を招いて診断、ザリガニの捕獲、水質環境の改善などを講じ、近年は安定してハスの花が咲いていた。