PR 愛犬と暮らす「蔵付き平屋」 上越市頸城区で9月18、19日に見学会 ミサワホーム

大手住宅メーカーのミサワホーム北越は、「愛犬と暮らす、蔵付き平屋」の完成見学会を、2022年9月18、19日に新潟県上越市頸城区で開催する。見学は完全予約制。

公開される家は、木質パネル工法のガレージ付き平屋で、延べ床面積約116平方m(約35坪)4LDK。愛犬と暮らすことをイメージして設計に取り入れた。

公開される家の外観(イメージパース)

愛犬との暮らしをデザイン

犬はシャンプーをする際、体をブルブルと振って水を飛ばしたり毛が抜けたりして後始末が大変になることも。そこで、犬を浴室で洗った後、最短距離でガレージに行ってドライヤーができるよう動線を一直線にした。

また建物外にはリードフックを複数箇所に付けたほか、屋外でもシャンプーができるよう温冷混合水栓も設置。コンクリートの地面は抜けた毛が1か所に集まりやすいよう勾配をつけた。

愛犬との暮らしを考えて住まいをデザイン(写真はイメージ)

スキップフロアと蔵収納で効率良く暮らす

平屋のため、室内は廊下をなくして効率良く動ける間取りに。約5畳のウォークインクローゼットは脱衣場に隣接させ、双方からタオルや着替えなどの収納、取り出しができるような棚を設けた。

リビングダイニング。一角をスキップフロア(1.5階)や蔵収納(中央)に(イメージパース)

リビングは天井高が最大4mあり、上部から光がたっぷりと差し込む。高さを生かして約4畳のスキップフロア(1・5階)を設け、勉強などをするライブラリーゾーンとした。スキップフロア下は約10畳の蔵収納になっており、季節用品などをしまったり、一角を“犬の寝室”などにするのも良い。

外から出入りできる約6畳の収納もあり、タイヤや除雪道具、アウトドア用品などを入れられる。

スキップフロアは勉強をするライブラリーゾーン(イメージパース)

同社では「愛犬家の方の家づくりに参考になると思います。ぜひご覧ください」と話している。

公開は午前10時〜午後5時で、マスクと手袋(同社で用意)を着用しての見学となる。

完全予約制。WEB予約はこちら

問い合わせは、主催のミサワホーム北越上越オフィス(同市上源入)。

電話 025-545-3305