ホーム > 2017/11

上越妙高駅前交番が開所 住民や観光客の安全を守る

2週間前

上越警察署の「上越妙高駅前交番」(古川悟所長)が2017年11月24日、同駅からほど近い新潟県上越市大和2の上越大通り沿いに開所した。同市南本町1にあった南本町交番と同市島田にあった島田駐在所を統合して新設された。11月27日には開所式が行われ、上越の玄関口である同駅前に待望の交番が設置されたことを祝った。

上越大通り沿いに開所した上越妙高駅前交番。上越警察署の中村署長(中央)と配属される署員ら
20171127-DCS_3286

上越妙高駅前交番は、同駅東口から約150mの位置に設置された。7人の警察官が勤務するほか、平日の日中には交番相談員1人が常駐する。勤務は24時間体制で、北は同市鴨島1から南は同市寺町まで全45町内の約8000世帯、市民約19000人が住む地域をカバーする。

県警によると、県内の新幹線停車駅では同駅前にのみ交番がなく、また南本町交番が築47年と老朽化していたことから、同駅前に交番を新設した。11月24日から業務を開始しており、同日付けで南本町交番と島田駐在所は閉所した。

建物は木造2階建てで、延床面積は約82平方m。交番内は木の香りが漂うほか、相談スペースが設置されている。

上越妙高駅前交番の室内
20171127-DCS_3291

開所式の式典は同市大和5の釜蓋遺跡ガイダンスで実施。警察関係者をはじめ、地元の町内会長や小学校の校長ら約40人が参加した。上越警察署の中村栄署長が「駅前の最良の場所に開所することができた。交番が遠ざかる地域もあると思うが、ご不便のないよう、今まで以上に努力していく」とあいさつしたほか、配属される署員の紹介などが行われた。式典後には交番の内部見学や記念撮影が行われた。

古川所長は「上越妙高駅前ということで、地域住民だけでなく、県外からの観光客なども利用するようになるはず。外国人への対応なども行えるようにしたい」と話していた。

上越大通り沿いに開所した
20171127-DCS_3325

上越妙高駅前交番