ホーム > 2020/06

大型書店が妙高市から消える 文教堂書店新井店が7月12日で閉店

1か月前

新潟県妙高市で唯一の大型書店、栗原5の「文教堂書店新井店」が2020年7月12日で閉店する。6月8日午前、入口に閉店を知らせる貼り紙が掲示された。

7月12日の営業を最後に閉店する文教堂書店新井店(6月8日)
20200608文教堂閉店

書店チェーン大手の文教堂書店は、日本証券業協会(現JASDAQ)に上場して間もない1995年5月20日、全国へのチェーン展開の先駆けとして、新潟県内初出店となる新井市(現妙高市)の新井店と上越市の春日山店を同時オープンした。その後、高田本町商店街に上越本町店が開店し、一時は上越地域に3店が営業していた。

このうち新井店は店舗面積が約495平方mで、オープン当初は約9万冊の品ぞろえを誇っていた。

しかし、商店街の衰退とともに上越本町店が2007年9月16日に閉店。春日山店も大型店同士の競合などのため、2009年8月16日に閉店した。1店になった後も営業を続け、今年5月に開店25周年を迎えた新井店も、近年は売り上げの減少が続いていたとみられる。

上越地域では、昨年2月に「戸田書店上越店」が閉店し、今年3月にはバロー上越店内の「くまざわ書店上越店」が閉店したばかり。上越地域に計3店を出店していた地元妙高市の老舗書店「文栄堂」は、2017年10月に破綻している。

妙高市には大型書店がなくなり、妙高市の中心市街地から約11km離れた上越市大貫4の「蔦屋書店高田西店」が一番近い大型書店になる。

関連記事

https://www.joetsutj.com/articles/26580076 妙高市朝日町1の文具、書籍など小売の合名会社「文栄堂」が2017年10月24日付で事業を停止し、事後処理を弁護士に一任し、自己破産の準備に入った。帝国データバンク上越支店によると、負債総額は約3億円と見込まれている。同社は1897年(明治30年)に創業し、1951年に法人改組した…
文教堂書店新井店