ホーム > 2014/09

春日新田小の一部と小猿屋小の統合校 基本設計の概要を公表

5年前

新潟県上越市は春日新田小の一部と小猿屋小を統合して新設する学校の基本設計の概要を公表した。4階建ての校舎に3階建ての体育館などを整備し、2018年度の開校を予定している。

児童数の多い過大規模校である春日新田小の校区を狭め、児童が減少している小猿屋小学校を統合する計画。開校初年度の児童数は約600人程度で24学級となる見通し。

建設地は安江の農地で、敷地面積は校舎やグラウンドなど1万9839平方mのほかに、駐車場100台分の敷地2775平方mがあり、合計2万2614平方m。

校舎は鉄筋コンクリート造りの4階建てで、校舎南側に鉄筋コンクリート造りの3階建ての体育館を配置。校舎北側には200mトラックのあるグラウンドを配置する。

tougoukou

市教委は昨年度に基本設計を行い、本年度は校舎の実施設計に着手している。今後、用地買収などを進め、2016年度に建設工事に着手し、2018年4月の開校を目指している。

新設校建設地と既存の2小学校の地図(赤い場所が新設校の建設地)
より大きな地図で 新設小学校建設予定地 を表示