ホーム > 2013/04

酒気帯び物損事故 県上越振興局職員を停職処分

6年前

新潟県は2013年4月5日、酒気帯び運転で物損事故を起こした上越地域振興局の課長補佐級の50代男性職員を停職6か月の懲戒処分にしたと発表した。

発表によると、男性職員は昨年12月、勤務終了後に飲食店で飲酒した後、自家用車を運転して、民家のブロックに接触する事故を起こした。警察による検査の結果、呼気中のアルコール濃度は1リットル当たり0.25mg以上で、酒気帯び運転の状態だった。

処分の理由は信用失墜行為の禁止違反。

上越市にある新潟県上越地域振興局
上越地域振興局