13区高く旧市低調 上越市議選の地区別投票率

新潟県上越市の市選挙管理委員会は2012年4月27日、同市議選(4月22日投開票)の地区別の投票率を発表した。全体の投票率は61.07%。人口の多い旧市域が56.31%と低調だったのに対し、13区の中で候補者が出た区の多くが70~80%台と高かった。
投票所の写真

旧市域と13区の14地区の中で、最も低かったのは現職が引退して後継候補が出なかった中郷区で53.70%。次いで旧市域が56.31%と、前回2008年の旧市域の投票率60.41%を4.10ポイント下回った。最も投票率が高かったのは現職、新人それぞれ1人が立候補し、2人とも当選した浦川原区で80・89%だった。

今回選挙は定数32に対し41人が立候補した。地区別では旧市域から25人、13区から16人が立候補し、結果は旧市域で7人が落選したのに対し、13区の落選は2人に留まり、13区出身の候補が安定した戦いを展開した。

また市選管は159か所の投票所ごとの投票率も発表した。
データはこちら(PDFファイル)。

地区別の投票率

区分 投票率
旧市域 56.31%
安塚区 78.32%
浦川原区 80.89%
大島区 75.60%
牧区 74.91%
柿崎区 70.03%
大潟区 71.10%
頸城区 67.72%
吉川区 75.13%
中郷区 53.70%
板倉区 61.80%
清里区 73.24%
三和区 68.17%
名立区 74.60%
合計 61.07%

関連記事

◇旧市域苦戦の一方、13区健闘 上越市議選(2012年4月23日)
http://www.joetsutj.com/archives/51898153.html
◇【上越市議選速報】 新議員32人決まる(2012年4月22日)
http://www.joetsutj.com/archives/51897597.html