直江津駅前で死亡ひき逃げ事件 22歳男を逮捕

上越警察署は2012年2月29日午前6時30分、JR直江津駅北口近くの県道で男性をひき逃げして死亡させたとして、上越市有間川に住むホテル従業員の男(22)を自動車運転過失致死と道交法違反(ひき逃げ)の疑いで通常逮捕した。


直江津駅前の現場(2012年2月29日午前6時30分ごろ撮影)

ひき逃げ1

現場は線路沿いの県道で、直江津駅から西に120mほどの場所。2月28日午後10時15分ごろ、同市長浜の会計士、板津金久さん(53)が道路の左端に倒れているのを近くの住民が見付け通報した。板津さんは病院に搬送されたが29日午前3時15分、脳挫傷で死亡した。

警察が付近を調べたところ、現場近くで左前部が壊れた男の車を見付けた。警察によると、男は現場近くのホテルに勤めており、仕事を終えて帰る途中だったという。

現場の地図

より大きな地図で ひき逃げ2012年2月28日 を表示

市内では2月26日も下荒浜の県道で、男子中学生2人が後ろから来た車にはねられ重軽傷を負うひき逃げ事件が起きており、容疑者は検挙されていない。

関連記事

◇下荒浜の県道でひき逃げ 中学生2人が重軽傷(2012年2月26日)
http://www.joetsutj.com/archives/51868630.html