ホーム > 2010/06

謙信公祭にGACKTさん 今回で3度目

7年前

2010年8月21、22日に開催される上越市の第85回謙信公祭にミュージシャンのGACKT(ガクト)さんが上杉謙信役で出演する。ガクトさんは2007年、2008年に謙信役で出演しており、今回で3回目となる。

上越市によると、実行委員会や地元住民、全国からガクトさん出演を望む声が多数あったといい、要請したところ実現したという。村山秀幸上越市長は「ガクトさんの出演は『謙信公ゆかりの地・上越市』をさらに全国に向けて発信するとともに、謙信公祭を全国区の祭として広める上で、絶好の機会となるものと考えております」とのコメントを出した。

ガクトさんは2007年のNHK大河ドラマ「風林火山」で上杉謙信役を務め、この年から2年連続で謙信公祭に出演している。ガクトさんが出演した07、08年とも謙信公祭の入り込み客は2日間でいずれも20万人を超えている。

謙信公祭では例年、1日目の土曜に出陣行列と川中島合戦の再現が行われてきたが、今年は2日目の8月22日に行う。ガクトさんが出演するのは8月22日になりそうだ。

↓2007年8月の謙信公祭に出演したガクトさん
2007gackt1

GACKT(ガクト)さんが2010年6月3日、謙信公祭への出演に向けてメッセージを発表した。メッセージはEメールで寄せられた

「大河ドラマが終わってもなお、こうやって僕GACKTの上杉謙信をこよなく愛してくださっている多くの上越市の方々、並びに多くのファンの声に応えたく今年の謙信公祭の参加を決めました。

上杉謙信を役として演じるのではなく、彼の心を伝えたくもう一度、上越の地に舞い降りたいと思っています。
 僕にとっての第二の故郷でもある上越の地が、この第一義の心と共に盛り上がってくれることを心から祈っています。

そして、多くのGACKT謙信のファンのみなさんに感動をもう一度、届けたいと思っています。

是非、一人でも多くの方にこの祭りに参加してもらいたいと思っています。全国から足を運んでみてください。必ず、感動という形で応えます」