ホーム > 2018/10

入り込み12万2000人 好天で過去13回中2番目の多さ 越後・謙信SAKEまつり

6か月前

新潟県上越市は2018年10月22日、高田本町商店街で20、21の両日に開催された「越後・謙信SAKEまつり2018」の入り込みを12万2000人と発表した。昨年より2万6000人多く、過去13回の中で最多だった2015年の12万5000人に次ぐ入り込みとなった。

内訳は初日が7万8000人(昨年8万1000人)、2日目が4万4000人(同2万9000人)。初日午前中は雨に見舞われたのの、その後は持ち直し、2日目も好天に恵まれた。

歩行者天国となった本町通り多くの人でごった返した(10月20日午後6時過ぎ)
DSC_0053

市によると、初日の夜と好天に恵まれた2日目に多くの人が訪れた。市内、県内、長野県など近県をはじめ、関東、関西、九州などからの来場者もおり、外国人客もみられた。会場でアンケートを実施しており、一部の飲食事業者やみやげ品などを発送する宅配業者からは「昨年よりも売り上げが増えた」などの声も寄せられたという。

関連記事

https://www.joetsutj.com/articles/11872825 上越地域の地酒と食が楽しめる恒例イベント「越後・謙信SAKEまつり2018」(実行委員会主催)が2018年10月20日、新潟県上越市の本町商店街を会場に始まった。来場者たちは、試飲グラスを片手に、各蔵元のブースを回り、試飲を楽しんでいた。会期は21日までの2日間。…