ホーム > 2021/05

雨でも洗濯の心配なし ガス乾燥機で家事時短 5月15、16日に住宅見学会

1か月前

=記事広告=

ガス乾燥機で家事も時間短縮できる「スキップフロアがある家」の完成見学会が、2021年5月15、16日に新潟県上越市土橋の「はれまち土橋」で開催される。大手住宅メーカー「ミサワホーム」の木質パネル工法2階建て、延べ床面積約38坪の5LDKの家で、見学は完全予約制。

公開される家の外観(イメージパース)
外観南西

一番の見どころは1階のドライルームで、洗濯物が天日干しのようにふんわり仕上がるガス乾燥機(ドラムタイプ・8kg)を導入した。洗濯後の「干す」手間を省くことができ、シーツや毛布などの大型のものや、8kg程度の洗濯物も乾燥まで約80分と、家事の時間短縮にもつなげられる。

ドライルームに隣接して、3畳のファミリークローゼットも設けた。寝室のクローゼットを1階に置くというイメージで設計しており、2階に上がることなく、ここで着替えてすぐに出かけられるようにしている。

高さ2.9mの高天井で開放的なリビングダイニング(イメージパース)
リビング南

このほか、キッチン横には同社の家の特徴であるスキップフロア(1.5階)を設けた。3畳ほどのスペースで、キッチンからも見え、子供の遊び場や宿題をする場としても利用できる。フロア下は天井高140cmの「蔵収納」で、季節用品やストック品などをしまっておくことができ、物が増えがちな子育て世代にとって便利なスペースとなる。

1.5階のスキップフロア。キッチンからも中の様子が見える(イメージパース)
スキップフロア

同社の家はまた、家全体を面で覆うモノコック構造による強度の高さと耐久性も特徴。南極の昭和基地を建設したほか、月面の有人基地も宇宙航空研究開発機構(JAXA)と共同研究しているといい、技術力の高さは折り紙付きだ。

「当社は、世代を超えて長く住み続けられる家を作っています。技術力が詰まったこの家を、ぜひご覧ください」と同社では話している。

公開時間は、午前10時〜午後5時で、マスクと手袋(同社で用意)を着用しての見学となる。

問い合わせは、主催のミサワホーム北越上越オフィス(同市上源入)。電話 025-545-3305

見学会会場(上越市・はれまち土橋)