ホーム > 2020/10

上越市のまな花さん(中1)がグランプリ 「制服アワード」新潟大会

1か月前

日本一制服が似合う男女を決める「第8回日本制服アワード」の新潟大会が2020年10月25日、新潟市中央区で開かれた。県内在住の14人の出場者の中から、グランプリに上越市の中学1年生、まな花さんが選ばれた。

グランプリに選ばれた上越市のまな花さん(前列中央)=CONOMi提供=
制服アワード

妙高市に本社を置く制服ブランド「CONOMi(このみ)」と、新潟市の芸能事務所「リリマリプロダクション」が共催で開催した。新潟大会は5回目。

大会はファッションショー形式で行われた。出場者はCONOMiの制服を着用してランウェイを歩き、審査員に自己ピーアールをした。新型コロナウイルス感染防止のため、出場者は透明のマウスガードを付けて大会に臨んだ。

準グランプリには下越地区在住の土田鈴音さん(小学6年生)、ビッグエコー賞には下越地区在住の木本優菜さん(高校2年生)が選ばれた。

グランプリを受賞したまな花さんは、来年2月7日に東京・原宿で開かれる「第8回日本制服アワード」の授賞式に出席する。

関連記事

https://www.joetsutj.com/articles/51489646 日本一制服が似合う小中高校生を選ぶコンテスト「日本制服アワード」の新潟大会が2019年11月9日、新潟県新潟市の新潟日報メディアシップで開かれた。書類選考を通過した17人が出場し、グランプリには長岡市の高校2年生、刈谷未優さん(16)が選ばれた。…