ホーム > 2022/05

鈴木めぐみ市議公選法抵触の疑い 無料で食事など提供 選管の注意も意に介さず

2週間前

新潟県上越市の鈴木めぐみ市議(43)は2022年4月29日から5月1日の3日間、同市の施設を借りてイベントを開催し、来場者に食事などを無料で提供した。議員が選挙区内の人に利益供与する行為は公職選挙法(寄附行為の禁止)に抵触する恐れがあることから、市選挙管理委員会はイベント前に鈴木市議に対し注意していた。

鈴木めぐみ上越市議
20200312-suzukmegumi

鈴木市議は、同市の施設である「ライオン像のある館」(中央3)を借りて、自身が運営するいわゆる「子ども食堂」のイベントとして開催した。複数の親子連れ来場者に対しカレーライスを無料で提供したほか、ヘッドマッサージなどのサービスを無料で提供した。延べ100人が来場したという。

イベント「子ども食堂たまごのめぐみGWスペシャル」で無料のカレーライスを食べる親子連れ(2022年4月29日、ライオン像のある館)
70980842

公職選挙法は、議員本人による選挙区内の人への寄附を禁じている(199条の2)ほか、議員が構成員である団体が、選挙区内の人に対し、氏名を表示したり、類推されたりする方法での寄附も禁じている(199条の3)。

鈴木市議は昨年8月、自身が代表を務める飲食店「子ども食堂たまごのめぐみ」を直江津駅前に開店。今回はこの店の連休のイベント「子ども食堂たまごのめぐみGWスペシャル」と題して開催した。

食事などを無料で提供する今回のイベントについて、鈴木市議がSNSなどで盛んにPRしていたことなどから、市選管は公職選挙法に抵触する可能性があるとしてイベント開催前の4月25日、鈴木市議に注意した。

鈴木市議は上越タウンジャーナルの取材に対し「企業から子ども食堂に寄付いただいたものを、子ども食堂として皆さんに提供した。選管から『行き過ぎたものは気を付けてください』と注意されたが、行き過ぎたとは思っていない。公職選挙法に抵触する恐れはないと思っている」と話している。

関連記事

https://www.joetsutj.com/articles/42586387 新潟県上越市の鈴木めぐみ市議会議員(43)が2022年2月、家庭ごみとみられる大量のプリントを自宅敷地で野焼きして焼き芋を作る様子をFacebookに投稿した。廃棄物の野外での焼却は違法なことから、投稿を見た市民からの通報を受けた市は鈴木議員に注意したが、鈴木議員は「実害は出ていませんよ」など違法ではないとの反論を投稿した。…
https://www.joetsutj.com/articles/83667758 鈴木めぐみ上越市議会議員が、自らの違法な野焼き行為に関連した上越タウンジャーナルの報道などについて、文書により説明しました。説明には事実に反する内容が含まれていることに加え、上越タウンジャーナル記者の人格を貶めるような中傷もあります。上越タウンジャーナルは鈴木市議に対して謝罪と撤回とともに、引き続き市民への説明を求めていきます。 また、鈴木市議の行為は、上越市議会の最高規範とされる議会基本条例の「議員の活動原則」(3条)、「政治倫理」(26条)に明確に違背していると考えられることから、上越市議会に対してはしかるべき対応を求めます。…