ホーム > 2018/04

妙高に春耕を告げる雪形「跳ね馬」 満開の桜と競演

8か月前

日本百名山の一つ、妙高山(2454m)の中腹に、春耕を告げる雪形「跳ね馬」が現れた。青空が広がった2018年4月8日、新潟県妙高市の「はね馬大橋」からは、見頃を迎えた矢代川堤防沿いのソメイヨシノやシダレザクラと、雪肌にくっきり浮かび上がった「跳ね馬」が鮮やかなコントラストをみせた。

妙高中腹の雪肌に黒く浮かび上がった跳ね馬(中央)。頭部は左側。前脚を曲げ、左方向に跳ねる姿が躍動的だ(2018年4月8日午前9時頃)
跳ね馬1

跳ね馬は妙高山の外輪山、神奈山(1909m)に現れるが、上越市や妙高市の市街地からは妙高山と一体的に見えるため、「妙高の跳ね馬」と称される。前足を跳ね上げて、南西方向へ駆け出そうとする躍動感あふれる姿が特徴だ。

例年は4月中旬からゴールデンウイークにかけてが見頃だが、今年は桜と同様にやや早め。

昔は出現時期が農作業開始の目安とされたが、最近は郷土のシンボルや、風物詩となっている。えちごトキめき鉄道の路線名「妙高はねうまライン」、妙高市の総合体育館の愛称「はね馬アリーナ」、けいなん総合病院の介護老人保健施設「はねうまの里」などの呼称に使われ、親しまれている。

関連記事

https://www.joetsutj.com/articles/52126024 新潟県妙高市にそびえる妙高山の外輪山、神奈山(1909m)に出現する雪形「跳ね馬」の頭部に角(つの)が現れてきた。農耕の目安とされた妙高の雪形「跳ね馬」は、現代では春の風物詩として橋や施設、菓子の名称や、えちごトキめき鉄道の路線名など、広く親しまれている。雪消えの4月中旬、神奈山…
https://www.joetsutj.com/articles/51731854 上越地方に春の訪れを告げる妙高山の雪形「はね馬」。毎年、雪消えのころになると、外輪山の一つ、神奈山(1909m)の中腹に、前足をはね上げる馬の姿が現れる。里に春耕の開始を知らせる先人の知恵だ。↓中郷区の歩道橋にある「はね馬」が描かれたパネル 上越市、妙高市の人にとっては、見慣れた…
はね馬大橋