ホーム > 2016/06

長野県境震源の地震が頻発 上越市では震度1以上が4回

3年前

新潟県上越地方などでは2016年6月25日から長野県境付近を震源とする地震が頻発しており、新潟地方気象台によると、6月28日午前9時までに、県境付近を震源とする震度1以上の地震が11回観測され、新潟県内では5回、上越市では4回観測されている。同気象台では「今後の地震情報に注意してほしい」としている。

6月25日午後1時51分、新潟・長野県境付近を震源とする地震があり、長野県小谷村と小川村で震度4、県内では糸魚川市と上越市で震度3、妙高市などで震度2を観測した。気象台によると、この地震以降、県境付近を震源とする地震活動が活発になっている。

6月25日午後1時51分の地震(気象庁地震データベースから)
気象庁|震度データベース検索_(地震別検索結果)

長野県堺付近を震源とする地震(最大震度は新潟県内)
  時間 最大震度 規模
1 6月25日13時51分 震度3 M4.8
2 6月25日21時33分 震度1 M3.3
3 6月26日02時44分 震度1 M2.8
4 6月27日03時28分 震度1 M3.4
5 6月27日19時48分 震度1 M3.3

また、6月27日午後1時35分には、上中越沖を震源とする地震があり、上越市で震度3を観測したが、これを除いても28日午前9時までに震度3が1回、震度1が3回観測されており、いずれも長野県境が震源となっている。

同気象台では「地震は収束する方向に向かってはいるが、今後の地震情報に注意してほしい」としている。