ホーム > 2022/01

しっくいを使った平屋の家 1月8日から上越市頸城区で見学会 アットホームラボ

3週間前

記事広告

しっくいなど自然素材をふんだんに使った平屋住宅の見学会が、2021年1月8日(土)〜23日(日)に新潟県上越市頸城区松橋地内で開かれる。主催は同市塩屋新田の「AT HOME LABO(アットホームラボ)」で、事前予約制。

公開されるのは、約96平方m(約29坪)の3LDKの平屋の家。グレーのガルバリウムをベースに、ウッド調の鋼板でアクセントを付けたスタイリッシュな外観が特徴だ。

公開される平屋の家の外観(イメージパース)
平屋パース

玄関土間は3畳の広さを取り、趣味であるロードバイクの手入れなどをする場所として設計。ロードバイクは壁面に掛けることで、スタイリッシュな空間を演出している。

リビングダイニングを家族が集う場所として家の中心に据え、その周りに寝室や子供部屋などを配置。リビングとつながるように3畳のウッドデッキを置くことで、室内の開放感を高めた。

また、キッチン裏に水回りを集約し、効率の良い動線とすることで“家事ラク”が実現できるよう工夫。平屋で心配される収納も、上部に6畳の小屋裏スペースを設けることでしっかり確保した。

水回りやクローゼットは隣接させて効率の良い家事動線に(イメージ)
動線

同社の家は、無垢材やしっくいなど自然素材を使うのが標準仕様。一般的に自然素材を多く取り入れると価格が高くなると言われるが、同社は創業120年を超える住宅建材会社でメーカー直販価格で仕入れができるため、住宅価格に反映させている。施主は30歳前後が多く、1800〜2000万円ほどで建てているケースが多いという。

同社では「担当者自身が住みたいと言うほどスタイリッシュな家に仕上がりました。ぜひご覧ください」と話している。

室内壁は調湿作用のある「しっくい」を、床は無垢材を使用する(イメージ)
無垢床漆喰

公開は各日午前9時、11時、午後1時、3時で、事前予約制。

なお初めて同社の見学会に参加する夫婦で、2日前までにWEBまたは、LINEで予約来場した人には、「ナチュラルベーカリーしましま」(同市塩屋新田)のパンチケット1000円分をプレゼントする。

イベントページ、WEB・LINE予約はこちら

見学会会場