ホーム > 2020/03

上越市の風力発電 民間譲渡先なし 1社応募も要件満たさず

4か月前

新潟県上越市によると、市内に4基ある風力発電施設の民間譲渡先を募集していたが、1件の応募があったものの要件を満たさず、譲渡先は決まらなかった。2020年3月4日に開かれた市議会厚生常任委員会で影山直志自治・市民環境部長が報告した。

同市の風力発電施設は、直江津港南ふ頭のみなと風車港公園の1号機、三の輪台いこいの広場の2号機と3号機、名立区のうみてらす名立機の4基。3号機以外は、耐用年数が過ぎたことや故障などで停止している。

上越市の風力発電施設の三の輪台3号機
風力発電三の輪台3号機

いずれも2001〜2003年に再生可能エネルギーの普及啓発を目的に全国でも先駆け的に設置され、自治体の環境行政を牽引したシンボル的存在だった。一方、冬の日本海側特有の落雷被害を度々受けたほか、経年劣化による故障も相次いだことで維持管理経費がかさみ、赤字運営となっていた。このため市は耐用年数に合わせて2020年度末までにすべての風力発電の順次停止を予定し、2019年12月から民間譲渡先を募集していた。

民間事業者は、現在の施設を継続使用または撤去して新たな施設を設置して風力発電事業を行う法人を対象に募集した。市によると、9社から問い合わせがあり3社が応募を表明。最終的には1社から応募があったが、要件を満たさないことがわかり、選定には至らなかった。

施設を撤去するまでは市が安全管理を行う。2020年度末で特別会計を廃止し、2021年度以降の管理経費は一般会計に移行する。

関連記事

https://www.joetsutj.com/articles/07602724 新潟県上越市は新年度、直江津港南ふ頭のみなと風車公園に設置している風力発電1号機の運用を停止する。再生可能エネルギーの普及啓発を目的に全国でも先駆け的に設置され、同市が宣言した「地球環境都市」のシンボルとなっていたが、2月に耐用年数を迎えた。同市は「初期の目的を達成した」として新たな風力発電施設は設置しない方針だ。…