ホーム > 2016/03

女性との交際持ちかけられ妙高市の50代独身男性546万円詐欺被害

4年前

新潟県妙高市内の50代独身男性が女性と交際できると持ちかけられ現金546万円をだまし取られる詐欺の被害に遭った。妙高警察署は2016年3月11日、男性から被害届を受理した。

同署によると、2015年8月下旬、男性のスマートフォンに交際支援サイトからメールが届いた。男性が会員登録すると、運営会社を名乗る人物から「女性を紹介するので、供託金50万円を支払ってほしい」と電話があり、男性は同市内の金融機関から、指定された口座に現金を振り込んだ。その後、男性は紹介された女性と面会した。

面会後、運営会社を名乗る人物から「女性があなたと1000万円の独占契約を結びたいと言っている。そのお金はあなたがもらえるので、違約供託金500万円を振り込んでほしい」との電話があり、男性は現金496万円を2回に分けて振り込んだ。その後「3月2日に女性と会わせる」との電話があったが、期日を過ぎても連絡がなく、連絡も取れなくなったため、男性は詐欺だと気付き、同署に被害届を提出した。

同署は、現金が絡む電話などは警察に相談するよう呼び掛けている。