ホーム > 2020/05

[新型コロナ] 上越市の公共施設11日から順次開館 感染対策の準備進む

6か月前

新型コロナウイルスに対する国の基本的対処方針の変更と県の緊急事態措置の見直しを受け、新潟県上越市は2020年5月11日から、臨時休館していた公共施設を順次、開館する。

いずれの施設も感染拡大防止策を講じることが休館解除の条件となる。11日から開館する市立図書館4館のうち、直江津図書館では10日、職員が準備作業に追われていた。

開館に向け、カウンターにアクリル板を設置する職員(2020年5月10日、直江津図書館)
20200509公共施設再開

同館では感染対策として新たに、カウンターに飛沫感染防止用の透明なアクリル板を設置したほか、順番を待つ利用者の間隔を空けるため、床に立ち位置を示すテープを1.5mおきに貼った。臨時休館前、開館時間前から入り口で待つ人が多かったため、テープは貸し出しカウンター前だけではなく、入り口の外にも貼っている。

同館の小林佳世主任司書は「感染防止対策を行った上で、皆さんにご協力いただきながら貸し出しをしていくので、ぜひご利用いただきたい」と話している。

開館を待つ人のため、入り口外にも立ち位置を示すテープを貼った(2020年5月10日、直江津図書館)
20200509公共施設再開2

明日11日から開館する主な施設は次の通り。施設によって、利用人数の限定や用途の制限がある。

▽文化関係施設
高田や直江津など図書館4館、歴史博物館、水族博物館「うみがたり」、上越科学館、高田城三重櫓、埋蔵文化財センターなど

▽貸館・交流施設
高田城址公園オーレンプラザ、雁木通りプラザ、町家交流館高田小町、ミュゼ雪小町、高田まちかど交流館など

▽基幹的総合施設
市民プラザ、リージョンプラザ上越など

▽児童施設
オーレンプラザこどもセンター、市民プラザこどもセンター、子育てひろば、児童館、南三世代交流プラザなど

▽日帰り温浴施設
上越リゾートセンターくるみ家族園

▽屋外体育施設
高田城址公園陸上競技場、高田城址公園野球場、上越総合運動公園テニスコートなど

▽その他
各地区公民館、直江津学びの交流館など

総合体育館やリージョンプラザ上越のインドアスタジアム(運動利用)、オールシーズンプール、上越体操場「ジムリーナ」などの屋内体育施設は5月20日まで休館を継続する。

また、5月12日まで臨時休館としていた「うみてらす名立」と「吉川スカイピア遊ランド」は、5月31日まで休館を継続。5月10日まで閉鎖・中止としていた市内3か所の観光案内所(上越妙高駅、高田駅前、直江津駅前)と春日山における観光案内は、緊急事態宣言が延長されたことから、5月11日以降も当分の間閉鎖・中止となる。

開館または臨時休館継続の施設一覧(上越市HP

関連記事

https://www.joetsutj.com/articles/35343801 新型コロナウイルス感染拡大に伴う政府の緊急事態宣言が2020年5月31日まで延長されたことを受けて新潟県上越市は5月5日、対策本部会議を開いた。市立小中学校などは5月11日から分散登校を実施して再開する方針。また5月11日以降、公共施設の休館を順次解除するほか、小規模なイベント開…